Privacy policy Site policy Sitemap
会社案内 彫刻包丁 包丁の話 メンテナンス ショッピング お問い合わせ
 

CATEGORY

贈答セット Gift set

  • 5000円以上のお買い上げで、送料・代引き手数料 無料 (5000円以下 全国一律525円)
  • 商品のお問合せ 電話:06-6633-9393 受付時間:10:30〜18:00
  • メールでのお問合せはこちら
トップ > 包丁メンテナンス 収納用品 > 天然砥石 メンテナンス用品 
サイズ :
数量:

この商品について問い合わせる
写真は実際の商品の色と若干異なる場合があります。
商品番号:   14ns
商品名:   京都産 天然超仕上げ砥石 正本山 合砥  
販売価格:   \ 10,800 (税込み)
商品詳細

超仕上げ

粒度#10000番前後

六十型
四十型
サイズ<mm> 75×195 75×205

※厚みは 25mm前後  重さは1キロ前後となります。
  自然のものですので個体に差があります。
  お問合せ下くだされば 写真をお送りすることができます。

他にも天然砥石を色々揃えております。
マルカ超仕上げ カラス60型 大突一本撰30型 尾崎 木津川など ご希望の大きさをお問い合わせいただきましたらお見積もりさせていただきます。  

合砥の産出で名高い 京都産です。

京都周辺で産出する仕上げ砥は 砥石に必要な 諸条件が優れています。

京都周辺の地表は 2億5千万年前 赤道付近で堆積した地層がゆっくりと太平洋を移動し地表近くに現れた丹波帯中生層といわれ 現在でもすぐれた仕上げ砥石を産出しています 。
しかしながら 閉山する鉱山も多く年々希少で高価になっています。

高価な為 現在では仕上げに使うことが多く 特にフグ引きなどの薄造り用 鰻裂きなど硬い骨にあたる包丁 本焼きなどを仕上げる時には欠かせません。
天然砥石で仕上げると切れ味の鋭さや 長切れに差がでます。
鍛造の包丁に使用すると はがねとの境目の線が綺麗に出ます。
切った素材自体にもつやが出ると言われています。

また砥石自体も お使いになればなるほど 砥粒がさらに砥石の目を細かくしていき 手にぴったりとくっつような 合砥独自の砥ぎ味を生み出します。

包丁だけでなくのみ、かんななどの大工道具の研ぎにも使用できます。

準備 : 水につける必要はなく 水をかけながらお使いください。
保管 : 終わったら ふき取って温度変化の少ない 日の当たらない所に保管してください。

 
メンテナンス方法をご紹介しています。
研ぎ方はこちらよりご確認下さい。
 
mainte-katei
mainte-pro
 
◆荒砥
粒度が荒く、研磨力が大きいので、刃が欠けた場合や刃の形状を直したりするときに使用します。
【粒度の目安】
#80〜#220
◆中砥
荒砥で研いだ時に出来るキズを取り除き、刃先を細かく滑らかに整えます。この砥石で9割方研げています。家庭用ですとこれで仕上げにもなります。
【粒度の目安】
#400〜#1500
◆仕上げ砥
荒砥や中砥で出来たわずかなキズを取り除き、刃先をさらに鋭くします。切れ味を持続させる為、微妙な狂いを微調整します。
【粒度の目安】
#3000以上

在庫には細心の注意を払っておりますが、万が一在庫切れの場合にはメールにてその旨をご連絡させて頂きます。※和包丁は一本一本が手造りのため在庫切れの場合、製作に日数を要する場合がございます。


Copyright (c) 2006 ichimonji All Rights Reserved.