Privacy policy Site policy Sitemap
会社案内 彫刻包丁 包丁の話 メンテナンス ショッピング お問い合わせ
   
和包丁と洋包丁の違い
製造工程 各部分の名称 刃の断面 柄の仕様 種類と用途
柄について
朴丸柄
朴丸柄
水牛巻き
いちい八角柄
いちい八角柄
水牛巻き
黒檀八角柄
黒檀八角柄
水牛巻き
朴八角柄
朴八角柄
水牛巻き
朴しのぎ柄
朴しのぎ柄
水牛巻き
ステンレス一体型
ステンレス
一体型
底の形
八角柄
八角柄
丸柄
丸柄
しのぎ柄
しのぎ柄
柄にする材料は、朴・いちい・黒檀・紫檀などで、軽くてわれにくく、滑らない木が選ばれています。形は丸、しのぎ、八角があります。
口はプラスティックか水牛で巻いたものがほとんどです。
ステンレスのものは刃身と一体になっており、食洗機にかけることができます。

長い間包丁を使っていると柄の痛んだ所から水がしみ込み、中子が錆びてくることがあります。和包丁の柄は取り替えることができますので、痛んできたらすぐに換えてください。中子が錆びてしまうと刃がきれいでも根元から折れてしまうことがあります。食洗機は木のためによくないのでお使いにならないでください。
取替えの際の価格はこちらをご覧下さい。
Copyright (c) 2007 ichimonji All Rights Reserved.