Privacy policy Site policy Sitemap
会社案内 彫刻包丁 包丁の話 メンテナンス ショッピング お問い合わせ
  包丁の話  
包丁の鋼材について
当社で使用されている主な刃物鋼
■ 炭素系刃物鋼 ■
現在よく使われているのは、日立金属の安来工場でつくられている鋼です。
黄紙 半分が砂鉄系原料の炭素鋼。クロムを含まないため、錆びやすい。
白紙 砂鉄系原料。刃物鋼として特別に作られた不純物の少ない炭素鋼。
クロムを含まない為、錆びやすい。
青紙 白紙に少量のタングステン(硬度に関与)と少量のクロム(靭性に関与)を加える。
■ ステンレス系刃物鋼 ■
一般に炭素の含有率が多いと良く切れ、クロムの含有率が多いと錆びにくくなりますが、その両
立が難しいです。
銀紙 1号3号5号でクロムの含有率が違うため、特性が異なります。3号は、錆びにくく、よく切れ扱いやすいため、和包丁によく使われています。
8A クロムの含有率がやや低いですが研ぎやすく扱いやすい刃物鋼です。
440
(SUS)
炭素の含有率によってA.B.Cにわかれます。Cが最も炭素を多く含み、耐蝕性にすぐれています。
ATS鋼 カスタムナイフによく使われる鋼材です。耐蝕性、靭性、耐摩耗性にすぐれています。
SKD
(ダイス鋼)
高炭素のため刃持ちがよく、耐摩耗性にすぐれています。
V金 10号は、切れ味は大変優れています。10号、1号、5号の順に炭素が多くなっています。
コバルトが含まれ、素材が強化されていますが加工が難しいです。
ハイス鋼 High Speed Steelの略です。モリブデン系ハイス鋼がよく用いられ、耐摩耗性に優れています。
ダマスカス鋼 2種類の金属を重ね合わせ、鍛造の過程で何度も折りたたみ、たたいてのばして作るため、独特の金属の層が模様となっています。
使用される金属で特性がかわります。
Copyright (c) 2007 ichimonji All Rights Reserved.