Privacy policy Site policy Sitemap
会社案内 彫刻包丁 包丁の話 メンテナンス ショッピング お問い合わせ
  包丁の話  
包丁の鋼材について
鋼材よりも大切なこと
包丁鋼は、焼き入れ、焼きなまし、砥ぎを経て包丁となります。
鋼材に最高のものを使っていても、加工の段階で稚拙な職人の手にかかればなまくらな包丁が出来上がりますし、大した素材でなくても、丁寧に加工していけば初めのうちはそれなりに切れる包丁が出来上がります。
また、お客様の手に渡りましてからもお手入れによって、切れ味は変わります。
鋼は錆びやすいですが、手入れをしていただくと錆びませんし、正しい方法で保管すれば何年でも変わりません。
逆にたとえステンレスでも、食材や水分がついたままですとすぐに痛んで切れなくなります。

堺一文字光秀の包丁は、しっかり技術をもった職人が丁寧に作っています。
お買上げになる際に、鋼材を目安に用途を考えて選んでいただき、お使いになった後は手入れを欠かさず、そして手に負えなくなったら幣社までお持ち下さい。
弊社では、お客様のご要望をお聞きして、出来る限りのメンテナンスをさせていただきます。
Copyright (c) 2007 ichimonji All Rights Reserved.