Privacy policy Site policy Sitemap
会社案内 彫刻包丁 包丁の話 メンテナンス ショッピング お問い合わせ
   
和包丁と洋包丁の違い
製造工程 各部分の名称 刃の断面 柄の仕様 種類と用途
型抜き ・鋼材が板材で入荷されるので必要な寸法に切断する
・鋼板をプレスで包丁の輪郭に打ち抜く
・ハンドル部分にカシメピン用の穴をあける


洋包丁の製造過程は、機械化・分業化されています。
製品の特性は、鋼材の種類に因るところが多いです。
焼き入れ ・炭素鋼は800℃前後、
 ステンレス鋼は1050度前後の熱を加えて油で冷やす


鋼・ステンレスをより硬く鍛えます。
油で冷やすと、温度が徐々に下がるので粘りがでます。
焼き戻し ・160℃から200℃の鎌に入れ1時間保持する
・窯から出した後、
 硬度試験機により規格値に達しているか調べる
・刃身の曲がりを木台の上でたたいて修正する

さらに靭性を加え、硬度試験機で規格値を調べます。
この段階で包丁本体の地金が出来上がります 。
研削 ・自動研削盤で余分な部分をおとして、刃厚を一定にする

強力な動力で研磨するので発熱で硬度が下がらないよう充分に水を流しながら研磨していきます。
口金溶接 ・ハガネは手動でアーク溶接、半自動でCo2溶接
 ステンレスはアルゴン溶接によって口金を溶接する


口金を付けることにより、
ハンドル内への食品の進入を防ぐことができます。
研ぎ ・口金の溶接などの曲がりを修正する
・刃になる部分を薄く研削し、鋭さをつけ切れ刃にする
・羽布研磨機で、徐々に目の細かい石で研磨していく


全体の形を整え、刃を作っていきます。
機械化されているとはいえ、この工程は人が加減しながら行います。
細心の注意をはらい、切れ刃をつくります。
その後銘を入れていきます。
柄付け ・柄にあいた穴にカシメピンで圧縮合板を固定する
・刃部分、口金、柄が一体となるように研磨する

ひっかかりが残らないように丁寧にすりあわせます。
刃付け ・手研ぎで本研ぎして、歪を修正する

職人の手により刃をつけていきます。
歪や欠け、汚れも点検します。
Copyright (c) 2007 ichimonji All Rights Reserved.