Privacy policy Site policy Sitemap
会社案内 彫刻包丁 包丁の話 メンテナンス ショッピング お問い合わせ
  包丁の話  
和包丁と洋包丁の違い
製造工程 各部分の名称 刃の断面 柄の仕様 種類と用途
本焼包丁片刃

すべてハガネで作った全鋼製の包丁です。刃全体に焼き土や砥粉を塗ってその厚さを微妙に変えて焼入れし、刃と峰の硬さを調節しています。焼き入れ・修正に手間がかかるので高価です。
硬いので、切れ味が低下しないのが長所ですが研ぎも難しく使いこなすには細心の注意が必要です。
本焼包丁片刃
鍛接鍛造包丁片刃

軟鉄の地金に硬い鋼を硼砂と酸化鉄を接合剤として、熱を加えてたたいて作った接合材です。軟鉄の部分がぼんやりと霞がかかったように見えるので、かすみとも呼ばれます。
硬いものを切っても刃こぼれしにくい柔軟さを持っていてるので、初心者にも使いやすく価格も手ごろです。
長年使っていると刃が反ってくることがありますが、ある程度はこじ棒で修正できます。
鍛接鍛造包丁片刃
三枚打ち両刃

家庭用の包丁によく使われます。
多くは外側に錆びにくい鋼材を使い、中心にハガネや硬いステンレスを挟み込みます。洋包丁のように型で抜いて作っています。
三枚打包丁両刃
※ 本サイトで使用しております刃の断面図は、包丁左図の部分、包丁の中央部分を垂直に絶った図をデフォルメしております。 断面
 
Copyright (c) 2007 ichimonji All Rights Reserved.