堺一文字光秀 FV10 玉研ぎ 三徳包丁

 
商品番号:2fvb-t

堺一文字光秀 FV10 玉研ぎ 三徳包丁

21,600(税込み)

サイズを選択

175mm

21,600円

商品の購入

名入れ
ギフト包装
熨斗
熨斗紙
かけ方
表書き
贈り主名

商品概要

■ 鋼材 ■
今料理人の中でも最も評判がいいステンレス鋼として人気なのでこのV金10号を使用した包丁です。
厳選された純度の高い原料を元に、最新の製鋼技術によって造られたV金10号は硬度が有りながらも、刃に粘り強さが有り切れ味と長切れを両立した非常に優れた鋼材です。
また被削性は良好ですので研ぎ直しも容易に出来ます。
ステンレス鋼として求められる条件を一番兼ね備えた鋼材として当店でも一番お勧めしているステンレス鋼です。

■ 用途 ■
三徳包丁は、肉、野菜、魚など幅広い用途に使える万能包丁で家庭用として使用されています。
もともとは西洋包丁の牛刀を万能として使われてきましたが、日本の菜切り包丁と牛刀の特徴を生かして作られた包丁がこの三徳包丁になります。
近年は海外でも「Santoku」で日本の包丁として使用される方が増えてきました。

玉研ぎとは刀身の両面にデコボコのくぼみ(ディンプル加工)ををつけくぼみの間に空気が入り食材の切り離れが良くなり食材の抵抗感が少なくなりスムーズな作業が出来ます。

商品の特徴

一文字が誇るベストセラーシリーズ


堺一文字光秀の数ある洋包丁ラインナップで今最もリピートの多いステンレス包丁が、このFV10シリーズです。
ステンレス包丁はどうしても鋼の包丁と比べると切れ味が劣る、永切れしないと言われ、錆びずにかつ永切れする包丁を作るために職人は日々努力をしています。

このシリーズは、その長年の課題を克服した一つの到達点と言って良いでしょう。

V金10号は非常に硬度があり、粘り強い鋼の持つ特徴に近い性質を持ちます。
しかし単に良い鋼材を使えば良い包丁ができるわけではありません。それを活かすため硬度を落とさずに焼戻し、割れが出やすい全鋼の鋼材で歪みを取り、なおかつ砥石を使って厚みを抜くという手仕事の真髄が、この包丁には詰まっています。

これまで多くの料理人が切れ味に惚れ込み、リピートのみならずシリーズを全種類揃えるなど好評を頂いております。今では一文字が誇るベストセラーシリーズになりました。

堺一文字光秀 FV10 玉研ぎ 三徳包丁

熟練の職人技で名前を刻ませていただきます。

 

包丁をお買い上げいただいたお客様にご希望の方のみ無料で名前を入れるサービスをさせていただいております。

熟練の職人がタガネと金槌を使用して一本ずつ手作業で名前を刻んでいきます。
自分だけのオリジナルの包丁に、または大切な人への贈り物に名前を刻んでいきませんか。

これから大切に使っていく大事な道具だからこそ自分の名前をいれることにより愛着の出る特別なものになっていくと思います。


詳しくはこちらから

堺一文字光秀 FV10 玉研ぎ 三徳包丁

ステンレス系洋包丁として考えられる限り最高のバランス

ただ硬いだけの刃は研ぎにくく、刃こぼれもしやすくなります。逆に粘りだけで硬度がない刃だと永切れしません。
その点このFV10シリーズはそのどちらもレベルが高く、研ぎながらでも硬さと粘りを感じられます。

もともと素材の面でも粘りがある成分が配合されていますが、それだけでなく熱処理にこだわっています。
焼き戻しの工程で硬度を落とさず歪みを取り、刃肉を抜き、切れ味を持続させる成形を経て完成させることは考える以上の苦労があります。

刃付けも非常に精度が高く切っ先から刃元までの小刃が均一に揃っていますので、研ぎムラが出にくいです。
これほどの刃ですので是非ピンピンに薄く、切れ味重視に研がれることをおすすめします。

こちらでより詳細にレビューしています。

商品の寸法・重量

品番 全長(mm) 総重量(g)
2fvb-t 295 160

商品仕様

鋼材

両刃

V金10号

圧縮合板柄 洋白銀

注意事項

使い終わった後は汚れを洗い落とし、水分を乾いた布で完全にふきとってください 。冷凍物にはお使いいただけません。
手作りですので 一本一本違います。 重量 長さは目安にしてください。:水牛は天然の素材のため 色が異なります。写真と同じではありません
在庫には細心の注意を払っておりますが、万が一在庫切れの場合にはメールにてその旨をご連絡させて頂きます。

お問い合わせ

サービスや製品に関するご質問は、以下よりご連絡ください。

TEL:06-6633-9393 (月〜金 10:30〜18:00)
インターネットからのお問い合わせはこちら