堺一文字光秀 白一鋼 紋鍛錬 柳刃包丁

商品番号:1s9s-210他

堺一文字光秀 白一鋼 紋鍛錬 柳刃包丁

26,670円~44,910(税込み)

サイズを選択

210mm

26,670円

240mm

29,480円

270mm

32,990円

300mm

39,310円

330mm

44,910円

商品の購入

名入れ
ギフト包装
熨斗
熨斗紙
かけ方
表書き
贈り主名

商品概要

■ 鋼材 ■
白一鋼は、定番の刃物鋼も白二鋼の炭素量を増やしより硬度を上げた鋼材です。
不純物の少ない白鋼は切れ味に優れ、研ぎ直しもしやすい鋼材ですが、白一鋼はその特性を生かしつつ高硬度により刃持ちの良さも向上した包丁として理想的な鋼材です。
最高の切れ味を求めている方に一番おすすめする包丁です。
白一鋼は安来鋼の中でも扱いが特に難しく、制作するのに高度な技術が要求されますが、熟練した職人が鍛造焼入れから刃付けまで手間をかけて造っています。?
炭素鋼なので非常に鋭い刃が付きますので切れ味は良いですが、水分や塩分がついたままですとサビます。

■ 用途 ■
柳刃包丁は主に刺身を切るための包丁です。
もともとは関西で刺身包丁として使われていた包丁で、菖蒲の刃に形が似ていることから正夫(しょうぶ)と呼ばれることも有る和包丁を代表する包丁です。
刺身は引き切りで一気に切るため、刃渡りが長く、細身で、刃が薄く鋭いので切れ口がきれいに切れます。
刺身を切る以外にも皮を引いたりすることにも使用されます。
プロの方は300mm前後の長い柳刃包丁を使われます。
家庭用は210mm前後の柳刃包丁が人気です。

商品の特徴

素材、鍛造、焼き入れ、刃付け考えられる最高の製法を施した堺一文字光秀の神髄。

 

白一鋼は刀剣に使用されている玉鋼に最も近い鋼で、高炭素で不純物が少ない刃物にとって理想的な鋼材です。

それ故に火造りの工程での熱処理が非常に難しく堺でもこれを鍛造出来る職人は限られています。
堺一文字光秀では最高の職人の火造りにより、白一鋼の最大の特徴である鋭い刃の切れ味を実現し、優れた鍛造技術による粘りのある刃で長切れする刃持ちの良い刃でありながら研ぎ易い刃に仕上げました。

切れ味にこだわり続けた堺一文字光秀の真髄が詰まった包丁です。

堺一文字光秀 白一鋼 紋鍛錬 柳刃包丁

日本刀の刃紋を思わせる熟練の技、紋鍛錬技法。

 

紋鍛錬とは、裏面の軟鉄と鋼鉄の境目を日本刀の刃紋のように波打たせた模様のことを指します。
これには高度な技が求められ、堺でも打てる職人が限られています。

低温で鍛造するため、高温による脱炭を防ぎ、鍛造量を増やし鋼を叩きのばすことで鋼の組織がより細かく均一になり非常に粘りのある刃に仕上がります。
これにより刃はさらに鋭くなり、刃持ちの良い長切れする包丁になります。

最高の素材生かす最高の職人技がさらに品質を向上させました。

堺一文字光秀 白一鋼 紋鍛錬 柳刃包丁

熟練の職人技で名前を刻ませていただきます。

 

包丁をお買い上げいただいたお客様にご希望の方のみ無料で名前を入れるサービスをさせていただいております。

熟練の職人がタガネと金槌を使用して一本ずつ手作業で名前を刻んでいきます。
自分だけのオリジナルの包丁に、または大切な人への贈り物に名前を刻んでいきませんか。

これから大切に使っていく大事な道具だからこそ自分の名前をいれることにより愛着の出る特別なものになっていくと思います。


詳しくはこちらから

堺一文字光秀 白一鋼 紋鍛錬 柳刃包丁

商品の寸法・重量

品番 実寸刃渡り(mm) 全長(mm) 総重量(g)
1s9s-210 200 340 115
1s9s-240 230 375 145
1s9s-270 260 410 180
1s9s-300 290 445 205
1s9s-330 320 485 260

商品仕様

鋼材

片刃

白一鋼

赤一位八角柄

注意事項

使い終わった後は汚れを洗い落とし、水分を乾いた布で完全にふきとってください 。冷凍物にはお使いいただけません。
手作りですので 一本一本違います。 重量 長さは目安にしてください。:水牛は天然の素材のため 色が異なります。写真と同じではありません
在庫には細心の注意を払っておりますが、万が一在庫切れの場合にはメールにてその旨をご連絡させて頂きます。

お問い合わせ

サービスや製品に関するご質問は、以下よりご連絡ください。

TEL:06-6633-9393 (月〜金 10:30〜18:00)
インターネットからのお問い合わせはこちら