家庭用包丁

43

家庭用包丁
 


堺一文字光秀の考える良い包丁とは?

包丁は金属の板に柄がついているというシンプルな構造なので、おしゃれな雑貨店や100円均一ストアで安いものを見る機会も増えてきました。


確かに見た目がほとんど同じな上、刃が付いている以上きちんと切れるので機能としての包丁の役割をこなしているので同じもののように思えます。


ただそれだけ多種多様な包丁が増えてきた中でほんとに良い包丁とはどういったものか?



堺一文字光秀の考える良い包丁とは「①切れ味」、「②バランス」、「③メンテナンス性」の三つの要素で構成されていると考えています。

 

良い包丁の三つの要素

 ①切れ味
 どれだけ切れ味を保てるか、という「永切れ」。食材への「入りやすさ」、入ったあと、食材を切り分けるまでの 「進みやすさ」と合わせて3つの要素が切れ味を構成しています。

 ②バランス
 包丁を持った時、使った時の持ちやすさ、疲れにくさ、力の伝わりやすさのバランスの良さ。

 ③メンテナンス性
 言い換えると切れ味の再現性です。せっかく良い包丁を買うのであれば長く使うのにあたり非常に 大切な要素です。メンテナンス性は錆びにくさ、研ぎやすさ、欠けにくさで構成されます。



以上、大きく3つの要素が包丁の実力に関わる部分です。

 

その包丁の実力に大きな影響を当たるのが「鋼材」「鍛造/熱処理」「刃付け」「仕上げ砥ぎ」の四つになります。

 

美味しい料理が「食材」だけではなく、「下拵え」「調理」「味付け」のすべての要素が噛み合ってはじめて出来上 がるように、包丁も「鋼材」だけでなく、「鍛造/熱処理」「刃付け」「仕上げ砥ぎ」の全ての工程が揃ってはじめて 「良い包丁」になると堺一文字光秀では考えています。

 

 

家庭用包丁を選ぶポイント

  Q     家庭用包丁の種類について        

基本的な種類は「三徳包丁」と「菜切り包丁」が良く家庭用として使用されてきました。

三徳包丁は肉・野菜・魚全てに対応できる代表的な万能包丁で、これ一本で料理を完結させているご家庭も多いです。

菜切り包丁を万能包丁として使われる方も多いです。菜切り包丁のメリットは、刻みものがやりやすいこと。

 

 Q   鋼かステンレス鋼か?                 

鋼の特徴は切れ味の鋭さ、そして研ぎ直しのし易さです。その反面水分の弱く手入れを怠ると刃が錆びてきます。

ステンレス鋼は錆びに強くメンテナンスがし易いのが特徴です。切れ味も年々良くなってきていますが、 砥石のかかりが悪く研ぎにくいのがデメリットとなります。

切れ味と研ぎ易さを重視なら鋼、錆びに強くメンテナンスのし易さを重視ならステンレス鋼をお選びください。

 

 Q   価格の違いについて                  

価格の違いは使用している素材(鋼材)が異なることと、そしてもう一点包丁を造る職人と造る工程にどれだけ 手間がかかっているかの違いになります。

それによって包丁の硬さ(硬度)と粘り(靭性)が変わります。

そのため価格が高い包丁ほど使用している鋼材にこだわり、製造工程に手間をかけて造っているのでより切れ味が鋭く、切れ味が長持ちする包丁になります。
 

包丁に無料名入れ致します。

お買い上げいただいた包丁に無料で名入れ致します。

職人が一本ずつ手作業で包丁に名前を刻んでいきます。

自分だけのオリジナルの包丁に、もしくは大切な人 へのプレゼントに最適のサービスです。

研ぎ直しサービス券をお付けします。

包丁一本につき一枚研ぎ直しサービス券をお付けしております。

研ぎ職人が手研ぎで切れ味をよみがえらせます。

使用期限はありませんのでいつでも使用できます。

 

ギフト用のラッピング包装無料

ご希望の方にギフト用のラッピングサービスを無料 でさせていただいております。

オリジナルの包装紙に水引きを付けて特別な贈り物 としてお贈りしませんか。

並び順
表示形式