牛刀

34

牛刀
 

牛刀の使い方(用途)

 


牛刀は肉、野菜、魚に使える万能包丁です。

 

元々はその名の通り牛肉を切るための包丁でしたが、その使い勝手の良さから現在では幅広い使い方がされています。。


基本的に使用出来ないものは魚の骨などの硬い物と冷凍食品くらいで、それ以外でしたらほとんどの用途に対応することが出来る万能性の高さが牛刀の特徴です。


使いやすさを重視しているため両刃で造られており、いろいろな食材に対応するため長さのバリエーションも多いです。

牛刀の選び方

 

   Q      牛刀を選ぶポイント   

 

牛刀は万能に使用できる分、最も使用頻度が高い包丁になります。

野菜を刻んだりすることが多いため、まな板に刃が当たり続けるため刃が摩耗しやすく切れ味が落ちやすいので、刃の持続性が高い牛刀をお勧めします。

また牛刀は水気が多い物や酸性の強い物などにも使用することが多いので、刃が錆びたり、黒ずんだりすることがあるため、錆びに強いステンレス鋼を選ばれる方が多いです。

ただ肉など専用に使用する場合は鋼(はがね)と言う選択もあります。

 

   Q      牛刀のサイズの選び方   

 

家庭用として使用される場合は一般的には210mmを選ばれる方多いですが、もしキッチンが狭く、まな板も小さい場合は180mmのほうが良いです

料理人の場合でしたら240mmが最も人気のあるサイズで、調理場に余裕があるのでしたら270mmを選ぶ方も多いです。
 
もし大きなブロック肉や、キャベツの千切りなど仕込み専用でしたら300mmが使いやすいです。

 
 

   Q      鋼かステンレス鋼か?   

 

鋼の特徴は切れ味の鋭さ、そして研ぎ直しのし易さです。その反面水分の弱く手入れを怠ると刃が錆びてきます。

ステンレス鋼は錆びに強くメンテナンスがし易いのが特徴です。切れ味も年々良くなってきていますが、 砥石のかかりが悪く研ぎにくいのがデメリットとなります。

切れ味と研ぎ易さを重視するなら鋼、錆びに強くメンテナンスのし易さを重視するならステンレス鋼をお選びください。


 

 


 

   Q      価格の違いについて   

 

同じ包丁なのになぜこれだけ価格差があるのか?

それは使用している鋼材が異なることと、そしてもう一点包丁を造る職人と造る工程にどれだけ手間がかかっているかの違いによって価格が変わってきます。

それによって包丁の硬さ(硬度)と粘り(靭性)が変わります。

そのため価格が高い包丁ほど使用している良い鋼材を使用して、製造工程に手間をかけて造っているためより切れ味が鋭く、切れ味が長持ちする包丁になります。

さらに価格が上がるほど、握った時にハンドルが持ちやすく、重心のバランスが良い使いやすい包丁になります。


 

 


 

易く、切れ味が長く続くステンレス素材として非常に注目されているVG10ですが、普及しているのは加工しやすいクラッド材です。堺一文字光秀では切れ味をより向上させるために、刃をすべてVG10で削り出し、焼き入れを行っています。かつ焼き戻しも特注の加工で行っており、徹底的に永切れにこだわった作りの、堺一文字光秀の売り上げNo.1の包丁です。

堺一文字光秀のオリジナルサービス

 

 

包丁に無料名入れ致します。

お買い上げいただいた包丁に無料で名入れ致します。

職人が一本ずつ手作業で包丁に名前を刻んでいきます。

自分だけのオリジナルの包丁に、もしくは大切な人 へのプレゼントに最適のサービスです。

 

研ぎ直しサービス券をお付けします。

包丁一本につき一枚研ぎ直しサービス券をお付けしております。

研ぎ職人が手研ぎで切れ味をよみがえらせます。

使用期限はありませんのでいつでも使用できます。
 

 

ギフト用のラッピング包装無料

ご希望の方にギフト用のラッピングサービスを無料 でさせていただいております。

オリジナルの包装紙に水引きを付けて特別な贈り物 としてお贈りしませんか。

 

堺一文字光秀おすすめ牛刀

 


堺一文字光秀の誇るベストセラー包丁

 


堺一文字光秀の洋包丁売り上げNo.1のFV10シリーズです。

良く普及しているクラッド材やダマスカス鋼とは違い、全てをVG10の一枚で削り出し、熱処理を行っており包丁の本質である切れ味鋭さと刃の長切れに徹底的にこだわりました。

その切れ味に惚れ込んだ料理人が、リピートのみならずシリーズを全種類揃えるなど堺一文字光秀の誇る自信作の包丁です。
 

    FV10 牛刀   

 

 

 


美しい波紋模様が人気のダマスカス鋼

 


波紋模様のデザインが人気のダマスカス鋼包丁「一文字 漣」

ダマスカス鋼とは二種類の鋼材を何層にも重ね合わせて造られており、独特な波紋模様が刃に浮かび上がるのが特徴の包丁です。

一文字 漣シリーズはその波紋模様と、刀身に打ち込んだ槌目模様が手造りの良さを感じさせるデザインで人気です。
 

    一文字漣 牛刀   

 

 

 


和の趣きを感じるよう洋包丁

 


独特の和包丁のデザインを最新の洋包丁でアレンジした完全な和洋折衷の牛刀です。

オールステンレスの特徴である衛生面、機能性はそのままに、切れ味にこだわるためにGラインシリーズとして長年プロの方から愛されてきた刃をそのまま使用しております。

全体にどことなく和の趣を感じる新しい牛刀に仕上げました。
 

    煌-Kirameki-牛刀   

 

 

並び順
表示形式