ペティナイフ

16

ペティナイフ

ペティナイフの用途

飾り切りなど細かい作業や小さな食材のカット、果物の皮むきなどに使います。レストランでは牛刀の次に使用頻度が高い包丁です。下ごしらえ済みの食材がスーパーで増えてきているため、ご家庭向けでも一本あると非常に便利です。

ペティナイフの選び方

小回り重視の包丁なので、13.5cmの短いものの方が人気です。
レストランでは野菜やフルーツの「カット」がメインであれば、15cmのものが使いやすいです。レモンやトマト、フルーツなど酸味の強い食材をが多いため、鋼は非常に錆びが回りやすく、ペティナイフだけはこだわりがなければステンレスをおすすめしております。牛刀同様、使用頻度が多いため良いペティナイフを買っておくとストレスが軽減され、無駄な力もいらないためケガの予防にもなります。※逆に切れ味が悪い包丁に慣れていると手も切りやすいため、使い始めはご注意ください。

研ぎやすさを重視したい方

8A-Nがおすすめです。プロ用包丁では最も汎用されているAUS8素材ですが、堺一文字光秀は刃先の処理と焼き戻しにひと手間加え、同じ素材でも切れ味が良い作りになっています。

永切れを重視したい方

Gラインがおすすめです。ステンレス包丁が切れにくい、という印象をひっくり返した30年来のロングセラーです。

研ぎ易さ、永切れともに妥協したくない方

FV10がおすすめです。研ぎ易く、切れ味が長く続くステンレス素材として非常に注目されているVG10ですが、普及しているのは加工しやすいクラッド材です。堺一文字光秀では切れ味をより向上させるために、刃をすべてVG10で削り出し、焼き入れを行っています。かつ焼き戻しも特注の加工で行っており、徹底的に永切れにこだわった作りの、堺一文字光秀の売り上げNo.1の包丁です。
並び順
表示形式